研究推進機構は、研究活動の効果的かつ創造的な実施のための研究環境の機能強化を推進し、研究力の一層の向上を図るとともに、研究成果を社会に還元することを目的として、平成30年4月1日に産学連携推進機構と生命機能研究支援センターを発展的に改組し設置されました。本機構は、研究戦略室、サステナブル・サイエンス研究センター、先進医療研究センター、研究基盤センターの4つの部門で構成され、それぞれ主に以下の業務を行っております。

研究戦略室

本学の学術研究に係る調査分析及び中長期の研究戦略の企画立案並びに研究基盤設備の整備に関することや外部研究資金獲得に係る調査、企画立案、学内外調査及び申請支援に関すること、及び産官学連携の推進及び知的財産の創出・取得・活用等に関することを行います。

サステナブル・サイエンス研究センター
先進医療研究センター

それぞれ湖山地区と米子地区における独創的研究、萌芽的基盤研究及び学内組織間連携の融合研究による研究シーズ育成並びに研究プロジェクトの推進に関わる研究プラットフォームです。これら二つの研究プラットフォームで大学内の研究シーズが核となり地域の企業を巻き込んだ大きな共同研究へ発展していくことを期待して作られたものです。

研究基盤センター

大学の研究機器の全学共同利用及び研究活動における安全管理に関することや実験分析技術の教育研修及び技術提供並びに分析解析依頼に関する業務を行います。


国からの運営費交付金が減っていく中、外部資金の獲得増加は大学の教育と研究を支える重要な課題です。本機構では、部局の垣根を超えた研究者間の共同研究を促進し、本学の研究力を飛躍的に向上させ、外部資金獲得の増加を積極的に支援してまいりますので、是非、本機構をご理解いただき、ご活用くださいますようお願い申し上げます。

研究推進機構長
(研究担当理事)

河田 康志