波長分散型蛍光X線分析装置(WDX-XRF)

X線解析・撮影・照射

設備ID: 938

要予約

新着情報

2020/05/25
最新版簡易マニュアル追加しました(FP法、半定量分析マニュアル)

  • 設置場所 VBL棟 1F 1102室
機器写真 設置場所
  • 型番 ZSX Primus
  • メーカー Rigaku
  • メーカー公式ページ http://www.rigaku.co.jp/products/p/xfsc0002/
  • 導入年月日 2011/03/25
  • 概要 標準物質なしで、固体のF~Uまでの元素の定性分析・半定量分析(単位は[mass%])が可能。液体試料はHeガスが必要。
    ※Heガスが必要な測定を行う場合、Heガスは利用者が準備してください。

    標準物質があれば定量分析(検出下限は軽元素Naで10ppm程度)が可能。
  • 仕様
  • 利用対象者 学外利用可能学外からの設備共同利用案内
  • 利用料金 (学外) <ユーザー利用>
    基本料金:1,200円 /1時間
    ウルトラキャリー:+315円/枚

    <依頼測定>
    基本料金:3,200円 /サンプル
    ウルトラキャリー:+500円/枚
  • 利用マニュアル (学外)
  • 学外向けお知らせ

    予約および利用料金の管理は、大学連携研究設備ネットワークを介して行います。
    鳥取大学 共同利用設備の利用案内ページ(利用手続きについて)
    大学連携研究設備ネットワーク 設備基本情報ページ
     ※ 利用(相互利用・依頼測定)希望のご連絡やご質問等は、大学連携研究設備NWの「管理者にメール」からお願いします。

    依頼前に【管理担当者】 松井(技術部)
    TEL:0857-31-5504 ex4085 
    E-mail : tmmy[at]tech.tottori-u.ac.jp ([at]は@に読み替えてください)までご連絡ください。


    可能な実験例
    ・固体試料はφ50mm×H40mmの円筒形に納まるサイズまでなら測定可能
    ・試料ホルダマスクはφ5,10,20,30mmが選択可能
    ・粉末試料は加圧成形し、真空乾燥処理を行う。少量で加圧成形できない場合は、ルースパウダー法を用いる
    ・液体試料は液体試料セル, 5μm,6μmPEシート, 5μm,6μmPPシート、 ウルトラキャリーでの液体凝縮などが選択可能
    ・光学系:下面照射

鳥取