令和2年4月22日

平素よりセンターの運営にご理解とご協力をいただき厚く御礼申し上げます。
新型コロナウイルスの感染拡大により令和2年4月16日に緊急事態宣言が全国に適用され、本学においても「研究室等で行う学生の研究活動の禁止について(令和2年4月21日)」が通知されました。
緊急事態宣言と医学部タスクフォースの決定を受け、当センターにおきましても利用者の皆様およびセンター職員の感染防止を強化することとし、4月22日より以下の通り対応させていただきたく存じます。ご協力のほどお願い申し上げます。

  1. 卒研生と博士前期課程(修士)の研究活動は原則全面的に禁止(自宅待機)です。
    博士後期課程(博士)や研究員等は該当しません。後者で進行中の研究は実施・継続できますが、研究時間を短縮してください。
  2. 上記は当面5月12日までの期間執行します。
  3. 鳥取地区も米子地区と同様の措置とします。

※感染の状況に応じて上記は変更になります。施設利用についての情報に関しましては、研究基盤センターホームページをご確認ください。

研究基盤センターの研究活動に関する相談窓口:
ric-info[at]ml.orip.tottori-u.ac.jp ([at]は@に読み替えてください。)

研究基盤センター長