鳥取大学遺伝子組換え実験安全管理規程および鳥取大学動物実験規則により、実験従事者には教育訓練の受講が義務付けられており、受講していない者は実験を行うことができません。
ついては、教育訓練の受講を徹底するため、教育訓練未受講者が含まれる実験計画は承認されないこととなりますので、教育訓練を受講していない方、今後 遺伝子組換え実験あるいは動物実験を予定している方は必ず受講の上、適正な実験の実施をお願いいたします。

ただし、例年3月末~4月にかけて教育訓練を開催しているところ、今期に限り、新型コロナウイルスの影響を考慮し対面での講習は実施せず、e-ラーニングでの受講を推奨いたします。

e-ラーニング受講にはmanabaへの登録が必要となります。
また、受講を確認した後、実験従事者として登録する際に必要となりますので、受講を希望される方は「e-ラーニング受講申込書」に必要事項を記載いただき、事務局宛にお申し込み下さい。

e-ラーニング受講申込書 (学内限定アクセス)


※教育訓練の有効期限
 遺伝子組換え実験:受講年度を含めて3年度(2018年度以降の受講履歴があれば有効)
 動物実験:受講年度を含めないで3年度(2017年度以降の受講履歴があれば有効)


※参考(学内限定アクセス)
遺伝子組換え実験に関する教育訓練(e-Learningシステム)
動物実験に関する教育訓練(e-Learningシステム)

 

申し込み・問い合わせ先

遺伝子組換え実験安全委員会事務局/動物実験委員会事務局
(研究推進機構 研究基盤センター内)
TEL:0859-38-6472  FAX:0859-38-6470
E-mail:segrc2@med.tottori-u.ac.jp